ヒカルホタル

東日本出身者が大阪に住んでみた。食べることや旅などを中心に気ままに綴るブログ

豊中市 独創的で美しく美味しいおはぎのお店「森のおはぎ」

大阪に引っ越すことが決まったときに知り合いから「大阪にいったらぜひ食べてみて!」とお勧めされたおはぎ屋さん。行ってみてお気に入りのお店になりましたのでブログでも紹介したいと思います。

 「森のおはぎ」

ホーム - 素材の味がするおはぎ 森のおはぎ 大阪にある変わりおはぎの小店

 阪急宝塚線 岡町駅のアーケード街を抜けて市役所方面へ行く途中にあります。

お店は商店街にひっそりと佇んでいるので気をつけないと通りすぎてしまうかもしれません。ほんとうにさりげなく街に溶け込んでるという雰囲気です。

f:id:hikaruhotaru:20180216203717j:plain

 

カフェスペースはなく、店頭販売のみとなっています。

 

今回はこちらの3種類を購入しました。

 左:深煎きなこ雑穀もち 右:黒ごま黒米もち

f:id:hikaruhotaru:20180216202908j:plain

 

抹茶

f:id:hikaruhotaru:20180216202925j:plain

こちらは通常北新地の店舗でのみ販売されているそうですが、この日はたまたま豊中のお店でも用意していたとのことです。こちらも購入してみました。

中はこんな感じ。

f:id:hikaruhotaru:20180216202947j:plain

 

こちらは12月に購入したときのものです。

f:id:hikaruhotaru:20180216203056j:plain

左から:ほうじ茶黒米もち焼き栗黒米もち <秋冬限定>、 銀杏(季節限定)、深煎きなこ雑穀もち 

 

このときは季節限定で銀杏のおはぎがありました。

銀杏のおこわは秋にいただくことがありますが、おはぎに銀杏はとても斬新ですね。銀杏の香ばしさとおはぎのモチモチ感がマッチしていてとても美味しかったです。

 

どのおはぎも素材の味が生かされていて食べるとほっこりやさしい気持ちになれます。

お店ではどのおはぎも可愛いし美味しそうで色々と購入したくなりますが、賞味期限は当日中になります。

お隣の伊丹市に姉妹店のどら焼き屋さんが昨年秋にオープンしています。どら焼きも美味しそう。今度行ってみたいと思います。

大阪梅田 おいしいうどん屋さん 踊るうどん

大阪に引っ越してきてから最近になってやっと梅田の地下街の位置関係を把握できるようになってきました。
といっても、まだ地図アプリや案内図とにらめっこすることも多いです。
やっぱり難しい。梅田の地下は新宿より難しく感じます。単純に慣れの問題だと思いますが、街なかで案内図をみていると大概私のほかにも見ている人がいるので「あ、私だけじゃないよね」と安心します 笑

大阪駅の南側にある大阪駅前ビルは第1から第4ビルまであり、地下街は安くて美味しいお店の宝庫のようです。

今回は温かいおうどんが食べたくなって、大阪駅前第3ビルの地下2階にあるこちらのお店に行ってきました。

「踊るうどん」 店名がインパクトありますね。

カウンターとテーブル席があります。きれいな落ち着いた感じの内装で女性一人でも安心して入れる雰囲気です。
店員さんが気配り上手で、席に着くとすぐに荷物用のかごを用意してくれたり、入り口付近の席のお客さんには奥の席が空いたタイミングで「寒いでしょうから奥の席に移られますか?」と声をかけていました。
ちょっとした気遣いが嬉しいですね。

メニューはこちら
f:id:hikaruhotaru:20180216193316j:plain

「まいたけ天がおいしい」との口コミをみていたので、オーダーしたのはこちらの「肉まいたけ天生しょうゆ(温)」

f:id:hikaruhotaru:20180216193347j:plain


大きめのまいたけ天が4つも入っています。(あまり大きさが伝わらない写真ですみません 汗)
衣でサクサクで美味しい!大根などの薬味がついてくるので大きめの天ぷらも胃がもたれることなくペロッといただけます。
甘めに煮られたお肉も美味しかったです。
麺はもちもちしていて讃岐うどんよりはやややわらかめの麺。
テーブルの上にある生醤油は思ったより甘い味でした。

寒い冬に温かい麺類は体も心も温まりますね。

大阪駅前ビルの地下街にはこちらのお店のほかにもいくつかおうどん屋さんが入っているようですので食べ比べをしてみたいですね。

おうどん美味しかったです。ご馳走様でした。

淡路島に行ってみたら玉ねぎがいろいろとすごかった

クリスマスの時期の話になりますが、初めて淡路島へ行って来ました。
これまでは行ってみたいけど遠いなーという感覚でしたが、大阪からだと日帰りでも十分楽しめる距離ですね。
明石海峡大橋を渡ると自然豊かな景色が広がっていました。伊豆に似ているかな。
伊豆はまだ高速が途中までしかできていないので南のほうまで行くには結構時間がかかってしまうのですが、淡路島はずっと高速が通っているので思っていた以上に移動が楽でした。

淡路島といえば、甘くて美味しい玉ねぎが有名ですね。
淡路島の観光施設ではインパクト大なアピールがされてましたので紹介したいと思います。

- たまねぎのおもしろアイテム

うずの丘 大鳴門橋記念館
こちらは大鳴門橋から2kmほど手前の丘の上にあります。
kinen.uzunokuni.com


玉ねぎのオブジェ #おっ玉葱

f:id:hikaruhotaru:20180215150207j:plain

大きなたまねぎ型のイス 「おっ玉チェア」

f:id:hikaruhotaru:20180215141946j:plain

景品が玉ねぎのUFOキャッチャー #たまねぎキャッチャー

f:id:hikaruhotaru:20180215145647j:plain

1個キャッチできたらたまねぎ1.5kgと交換できる


道の駅うずしお
こちらは大鳴門橋のすぐ手前にあります。
eki.uzunokuni.com

たまねぎのクリスマスツリー #oniontree
f:id:hikaruhotaru:20180215150634j:plain

かわいい…か、な?
もはや玉ねぎのなる木ですね 笑

ほかにもたまねぎのかつらの貸し出しや顔出しパネルなど様々な企画をされています。
uzunokuni.com
今後またどんなものがでてくるのか楽しみです。

淡路島のご当地グルメバーガー

上記2つの施設にある「淡路島オニオンキッチン」というお店でご当地バーガーが食べられます。


あわじ島オニオンビーフバーガー

f:id:hikaruhotaru:20180215150011j:plain

玉ねぎカツと淡路牛のハンバーガー。玉ねぎが甘くてお肉もジューシー!
正直なところ観光施設にあるハンバーガーにはあまり期待していなかったのですが、
このバーガーは2013年全国ご当地バーガーグランプリで1位を受賞しているとのこと。
納得のいく味で本当に美味しかったです。
eki.uzunokuni.com


- 自分お土産用 淡路島産たまねぎ

道の駅で販売されてた「シャルム」という品種の玉ねぎを購入してみました。
写真を撮っていなかったのですが、こちらの濱田ファームさんで作られているようです。
www.awajishima-kanko.jp

調べてみるとその美味しさが評判でTVにも多く取り上げられているようです。
てっちゃんの淡路島たまねぎ2017年収穫!! 淡路島産たまねぎ |うずのくに 淡路島玉ねぎ、玉ねぎドレッシングや玉ねぎスープ、玉ねぎカレーなど玉ねぎを使った淡路島の特産品を販売

家に帰ってから早速いただきました。
玉ねぎを丸ごとアルミホイルで包みオーブントースターで30分ほど焼きます。
玉ねぎはしんなりトロリとして、何も味付けしていないのにものすごい甘味と旨味がジュワっとひろがります。
玉ねぎの上の青い部分も一緒に美味しくいただきました。
玉ねぎから出た水分でスープもできました。こちらも完璧な美味しいオニオンスープになっていたので本当に驚きました。
手軽で美味しい最高のほったらかし料理ですね。
この玉ねぎはぜひリピート購入したいです。本当にお勧めです。

今回の旅は強風でとても寒い日だったので、今度はもう少し暖かい時期に訪れてみたいと思います。

うずのくに 楽天市場支店

Oisix(おいしっくす)

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付


阪急うめだ本店のバレンタインチョコレート博覧会に行ってみた

毎年バレンタインは普段はなかなか手が届かないチョコレートを購入して楽しんでいます。
デパートの催事は混むので最近はネットで購入することが多かったのですが、今年は阪急百貨店のイベントに行ってみました。
www.hankyu-dept.co.jp
結果、行って良かった
国内外の有名ブランドから日本の47都道府県のチョコレートやお菓子などさまざまなチョコレートが揃っていてみているだけでも楽しいです。
いろいろな試食もできますしね 笑

  • 大行列のブランド

会場の9階には開店間もない10時15分くらいに到着したのですが、目に飛び込んできたのは長蛇の列。
「え?もうこんなに?」と思ったら、こちらはバレンタインシーズンにしか販売されないというアメリカのブランド“イヴァン・バレンティン”に並ぶ列でした。

www.fashion-press.net

もうひとつの行列はいちごスウィーツ専門店の“AUDREY
sweets.media
フロア内の各エリアをまたがって長~い列ができてました。おそらく会計まで1時間はかかっていたのではないでしょうか。
皆さんすごい気合ですね。

こちらはフロア中央付近にあるカカオワールド様子。
f:id:hikaruhotaru:20180214035027j:plain

  • その場で頂いたもの

1. イタリアのブランドBABBIのソフトクリーム(ピスタチオとチョコのミックス
f:id:hikaruhotaru:20180214060434j:plain
BABBI 公式サイト | イタリアから来たウェハースとスイーツの専門店

ピスタチオが意外とあっさりしたのでペロリと頂けました。


2. ベトナム産チョコレートのホットチョコレート

ベトナムのカカオを日本の技術で世界へ ”をテーマされているカカオ研究所

cacaoken.com

阪急のイベントの案内を見たときに「これが飲みたい!」と思ったのです。
f:id:hikaruhotaru:20180214040417j:plain

一見普通のホットチョコレートなんですが

蛇口からチョコレートが流れ出てきます!
f:id:hikaruhotaru:20180214033430j:plain

面白いですし、ちょっとテンションが上がりますね。
カカオの味がしっかりしているビタータイプだったので飲みやすかったです。
歩きまわったあとにほっと一息つけました。

  • 購入したチョコレート


1. マルゥ チョコレート
前のブログに書いたベトナムのマルゥチョコレートがありました。
f:id:hikaruhotaru:20180214035302j:plain

ミニサイズもあったので、ベトナムでは購入していなかったオレンジ色のパッケージのチョコレートを購入してみました。
f:id:hikaruhotaru:20180214035659j:plain

hikaruhotaru.hatenablog.com



2. “HUGO&VICTOR
今回のお目当てはこちらです。これまで購入したことのないブランドの中から選びました。

hugovictor.jp

せっかく大阪にいるので、阪急うめだ本店限定の商品を購入しました。

f:id:hikaruhotaru:20180214033809j:plain

箱が本のようになっていて素敵です。

3. Frederic Blondeel

そして、先日ブログを書いててどうしてもまた食べたくなったのでこちらも購入ちゃいました。
f:id:hikaruhotaru:20180214041316j:plain

hikaruhotaru.hatenablog.com

チョコレート博覧会が思いのほか楽しくてちょっと散財気味になってしまいましたが、今日から少しずつ味わって食べるのが楽しみです。
今週のお題「バレンタインデー」


豊中市 庄内 美味しくてお得なイタリアンランチ

庄内駅周辺に用事があったので、口コミの良さをみてランチに訪れてみました。

ジ・メルカート

食べログジ・メルカート

ランチメニューはこちら

f:id:hikaruhotaru:20180212011749j:plain

メイン料理はボードに書かれています

f:id:hikaruhotaru:20180212011829j:plain

Aパスタとお魚を選びました

 

サラダとスープ

f:id:hikaruhotaru:20180212012023j:plain

フォカッチャ

写真は2人前です。おかわりもできます。

f:id:hikaruhotaru:20180212012125j:plain

ふんわりしていて、何もつけずにそのまま食べても美味しかったです。

 

こちらはパスタAのシチリアーナ(1.5倍)

f:id:hikaruhotaru:20180212012623j:plain

パスタの量は無料で1.5倍、2倍にもできます。

トマトソースが好みの味で麺と良く絡んで美味しい。

 

こちらはお魚のお料理 特大赤えびローストとハマチの香草パン粉焼き

f:id:hikaruhotaru:20180212013030j:plain

かなりのボリュームです。

立体的に盛り付けられているのでハマチを少しずらしてみると縦長の白いものがみえました。

f:id:hikaruhotaru:20180212013258j:plain

一瞬「イカ?」と思いましたが、よくみるとなんとダイコン

洋風出汁で煮込んだ大根にトマトソースがかかっています。意外すぎる食材に驚きました。口に入れると洋風出汁がじわっと広がってとても美味しいです。これはぜひ家でも試してみたいですね。

ハマチは半身ではなくほぼ一匹まるごと焼かれているので外はカリっと、中はジューシーで美味しい。

赤えびもちょうどいい具合にローストされていてプリッぷりでした。

じゃがいも、にんじん、ごぼうがゴロっとたくさん添えられているのでお腹いっぱいになります。

 

この味とボリュームで1000円以下なんて、コストパフォーマンス良すぎです。

今度は夜にも伺ってみたいです。

 

 

hikaruhotaru.hatenablog.com

 

ベトナムのオシャレで美味しいチョコレート&カフェ

今週のお題「バレンタインデー」にちなんで、チョコレートを紹介します。

先日は数々の有名ブランドがあるベルギーのチョコレートについて書きました。

 hikaruhotaru.hatenablog.com

今回はベトナムのチョコレートです。

 

ベトナムのチョコレート?美味しいの? と思われる方もいるかも知れません。

私もベトナムを旅行したときに初めて美味しいチョコレートブランドがあることを知りました。

そのひとつがこちら。

 

マルゥ チョコレート

Marou, Faiseurs de Chocolat

MAROU, Faiseurs de Chocolat - ホーム | Facebook

f:id:hikaruhotaru:20180212021059j:plain

 

こちらのブランドは2017年のサロン・デュ・ショコラ日本でも紹介されています。

www.salon-du-chocolat.jp

ベトナムを旅行した際に ホーチミンにある直営のカフェを訪れました。

 

こちらがお店のレジカウンターです。右手が工房になっています。

f:id:hikaruhotaru:20180212021739j:plain

 工房の手前はおしゃれなカフェスペースになっています。

カフェの様子はこちらの観光関連のサイトに詳しく紹介されています。

www.hcm-cityguide.com

チョコレートクリームの入ったシュークリームのようなケーキとカフェラテをオーダー。

f:id:hikaruhotaru:20180212022311j:plain

ラテアートがかわいいです。

ケーキはチョコレートのクリームがたっぷり入っていますが、甘さ控えめでしつこくなくとても美味しかったです。

ラテとケーキで800~900円程度だったと思いますが、地元の人も観光客も行く食堂でフォーが1杯200円程度で食べられることを考えるとベトナムではけっこうな高級カフェになりますね。

昨年の夏にはカフェ2号店がハノイにオープンしたようです。

 

チョコレートはホーチミン市内の高島屋でも販売されていましたので滞在最終日にお土産として購入しました。

 

こだわりの詰まったチョコレートは日本でもオーガニック品が並ぶお店やカフェでみかけることが増えてきました。

 味はもちろんのこと、パッケージがオシャレですしベトナム産という意外性もあるのでプレゼントにも良いですね。

いろいろな味を試しやすいミニサイズがあるのも嬉しいです。

購入できるお店が増えたので、まだ試していない色のチョコレートを買ってみたいと思います。

 

もうひとつのベトナムのチョコレートブランドはこちら

フェヴァ チョコレート

Pheva Chocolate 

ダナン生まれのブランドです。

ホーチミンでは高島屋の中にお店が入っていたのでお土産に購入しました。

写真を撮るのを忘れてしまったのですが、確かそのときたくさん試食をさせて頂いた記憶があります。

おそらくいま現在日本では販売されていないようなので、ベトナム旅行のお土産としておすすめです。

 

ベトナム旅行の際はベトナムコーヒーと一緒にベトナムのチョコレートも楽しみましょう!

 

MAROU チョコレートはAmazon楽天などで購入可能です。

 

 

 

 

 

箕面市 ル グリニョタージュ 大人のためのチョコレートケーキ

今週のお題「バレンタインデー」

お家のポストに入ってきた情報誌にバレンタインチョコ特集があり、掲載されていたチョコレートケーキの写真に惚れてしまって行かずにはいられなくなりました。

tokk.hankyu-ad.jp

今回訪れたのは箕面市役所のすぐそばにあるLe grignotage ル グリニョタージュ

retty.me

カラオケ屋さんの入っているビルの1階になりますが、こちらはシンプルかつお洒落な雰囲気です。

f:id:hikaruhotaru:20180210224145j:plain

 

入って左手がショーケース

f:id:hikaruhotaru:20180210224507j:plain

右手がカフェスペースになります。

f:id:hikaruhotaru:20180210224545j:plain

席と席の間にゆとりがあるので、ゆっくり落ち着けます。

 

見た目にも美しいケーキの数々。

f:id:hikaruhotaru:20180210224756j:plain

使われているお皿も美しいですね

f:id:hikaruhotaru:20180210224955j:plain

どれにするかかなり迷いましたが、情報誌に掲載されていた「アコンパニェ」と「マンゴーショコラ」を選びました。

こちらが「アコンパニェ」とカフェラテ。

カフェラテはポットにも入っているのでたっぷり2杯分いただけます。

f:id:hikaruhotaru:20180210232833j:plain

チョコレートがつやつやしてます。

断面はこんな感じ。

ミルクチョコムース、チョコレート生地、

スイートチョコムースが層になっています。

f:id:hikaruhotaru:20180210230402j:plain

チョコレートが濃厚でカカオの風味が口いっぱいに広がります。

だけど甘さが控えめでしつこさはなくペロリといけちゃう。

まさに私が求めていた味!

 

こちらはマンゴーショコラ

f:id:hikaruhotaru:20180210231150j:plain

見た目はかなりシンプルです。

断面はこんな感じ。

マカデミアナッツ入りブ

ラウニー、スイートチョコクリームとマンゴーパッションミルクチョコクリーム。

f:id:hikaruhotaru:20180210231314j:plain

ひとくち食べてみて「!!」良い意味で期待を裏切られた斬新な味。

マンゴーのケーキは甘いものが多く、パッションが入っていると酸味が強い、というイメージだったのですが、こちらは口にいれた瞬間にマンゴーのほのかな甘みを感じ、そのあとすぐにスッと爽やかな酸味が広がります。そのバランスが絶妙でチョコレートケーキを食べているにスッキリするといういままでにない体験です。

これはリピートしたくなります。

 

ほかにもこんなにかわいいケーキが

f:id:hikaruhotaru:20180210232718j:plain

 

f:id:hikaruhotaru:20180210232740j:plain

 

ぜひまた近いうちに伺いたいです。

 

hikaruhotaru.hatenablog.com